パターの打ち方のコツ~グリーン上でのチェックポイント~

シェアする

スポンサーリンク

putter

ゴルフでスコアアップを目指すなら、グリーン周りのアプローチやパターは重要です。

今回は、松山英樹プロの動画を参考にしながら、実際にグリーン上でチェックするべき重要なポイントをまとめてみました。

コースでは、あまり多くのことを考えることはできないと思うので、必要に応じて

コースに出た時のチェックポイントにしてみてはいかがでしょうか?

松山英樹プロのスイング分析-PUTTER-

ゆっくりとしたリズムで打つ

「絶対入れたい!」「はずしたくない!」と思うほど、グリーン上では、プレッシャーがかかり、力んでしまいます。

力を抜いて、ゆっくりとしたリズムでストロークするように心がけましょう。絶対に打ち急いではいけません。

特に、テークバックをゆっくり始動しましょう。力を抜いてテークバックをゆっくりしたリズムで始めることで、フェース面をコントロールしやすくなります。フェース面をコントロールできると芯でボールを捉えることができます。

ヘッドを低く動かす

バックスイングで、ヘッドを低く引いていき、インパクト後も、低くストロークします。ボールに当たる角度が、上から当たってしまうと、ボールの回転が急になり、思った以上に、曲がったり、距離が出すぎたり、ショートしたり、いろんな状況が出やすくなります。

ヘッドを低くストロークすることで、フェースが横からボールに当たり、フェースの芯とボールの芯が当たりやすくなり、ボールが順回転します。
ボールが順回転で転がると、曲がりにくく、距離も合ってきます。

また、インパクト時のフェース面とボールの高低差が少なくなり、トップやダフリが出にくくなり、ミスしにくくなります。

ボールは左目左股関節の下

ボールの位置は、左目の下、左股関節の下にアドレスし、左目でボールを見るようにします。こうすることで、インパクトのポイントがズレにくくなります。

フォローをまっすぐに出す

カップに向かって、まっすぐに低くフォローを出します。カップに向かって真っすぐにボールを打ってから、パターヘッドがボールを追いながらカップに向かっていくイメージです。

頭を動かさない

ボールが気になるあまり、ストローク中に、ボールの方を向いてしまう人がいますが、ストローク終了まで頭は動かさないようにします。
自分で思っている以上に、頭が動いてしまっています。当然ですが、ストローク中に頭が動いてしまうと、インパクト時にフェース面がブレてしまい、芯でボールを捉えにくくなります。

「フォロースルー終了までは絶対に頭を動かさない」

これをしっかりと意識してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ゆっくりとしたリズムで、フェース面をターゲットに合わせて、ボールポジションを確認して、頭を動かさずに、しっかりとストロークします。

このストロークが、毎回グリーン上でできるように、普段からしっかりと反復練習しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする