【重要】パターの距離感の合わせ方とラインの読み方

シェアする

スポンサーリンク
パター

パターは、どんなに正しいストロークをしても、グリーン上でのラインの読みを間違ってしまっては、ボールは絶対にカップに入ることはありません。

しかし、グリーンのラインを正確に読むことは、そんなに簡単なことではありません。
もし、ラインが正確に読めて、正しくストロークできれば、スコアアップに大きく貢献してくれます。

それだけ、パッティングにおいて、グリーン上でラインを正確に読むということは重要なのです。

ここで、最も重要な心構えがあります。

ラインを読むことも重要な要素ですが、パッティングにおいて、最も重要なことは、

”「方向性」よりも「距離感」を合わせる”

ことです。

パターで、カップを外した時のことを思い出してみてください。左右(方向性)のブレよりも、前後(距離感)のズレの方が、カップまでの残り距離が大きかった傾向にあると思います。
方向がズレてグリーンの外に出てしまうことはあまりありませんが、距離感を間違ったために、グリーンの外まで行ってしまったなんて苦い経験をした人も多いのではないでしょうか。

それだけ、方向性よりも距離感が重要だということを、まずは頭に入れておいてください。

ラインが正確に読めなくても、距離感さえ合えば、ボールは意外とカップによってくれるものです。

 Tiger Putts / Jim Epler

パッティングの距離感の合わせ方

Tiger Putts

パッティングの距離感を磨くためには、パターでボールを打つのではなく、右手でボールをカップ(または、目標地点)に向かって転がすことを強くイメージしてください。

”ボールを「打つ」のではなく、「転がす」”イメージです。

パターで「打つ」というより、右手ボールを持って「転がす」方が距離感のイメージが湧きやすいことがわかると思います。
パッティングとは、その右手の先にパターがあるだけなのです。
従って、パッティングにおいては、「打つ」のではなく、右手の先にあるパターでボールを「転がす」感覚が重要なのです。

ただ、距離感に関しては、繰り返し練習して養う必要もあります。
繰り返し、右手でボールをターゲットに向かって転がすことをイメージして距離感を養っていってください。

練習方法としては、パターを持たずにカップに向かってボールを転がすことで距離感をつかむ、次に、右手だけで目標を意識しながら転がすイメージでパットする方法が効果的です。

また、距離感をつかむために、グリーンの速さをクラブハウスでチェックして置くことも忘れないでください。
慣れてくれば、グリーンの速さは、グリーンに乗った時の足の感触でもある程度予測できるようになります。足の感触が硬ければ速く、芝がフワッとした感触があれば少し遅いかな、といった感じです。

距離感が合うようになったら、次に、方向性をプラスしていきましょう。

パッティングのラインの読み方

ラインを読むときの下準備として必要なことがあります。
それは、グリーンに上がる前に

「グリーン全体の傾斜を把握しておく」

ことです。
グリーンに乗ってから傾斜を読もうとする人がいますが、グリーンの傾斜は、グリーンに乗る前に、少し離れたところから確認したほうが高低差がわかりやすいです。

グリーンに乗ってから傾斜を読もうとしても、案外足元の傾斜ってわかりにくいものなんです。

1. カップに向かってボールの後方からチェックする

まずは、ボールとカップを結んだラインの後方から確認します。これは、皆さん実践していると思います。
この時、できる限り目線を低くしてラインを読むようにします。高い目線でラインを読むと、微妙な傾斜が、全体の傾斜に消されてしまうからです。目線が低ければ低いほど、微妙な傾斜が読みやすくなります。

2. ボールとカップを比べて低い方からチェックする

ボールとカップの高低差を比べて、低い方から同様に、目線を低くしてラインを確認します。
ラインは、傾斜の高い場所より傾斜の低い場所からの方がはっきり見えます。

3. ボールに向かってカップの後方からチェックする

カップからボールを見たラインの後方から、同様に目線を低くしてラインを確認します。2.)でも説明したとおり、特に下りの傾斜の場合、カップ側が低くなるので、カップ後方からラインをチェックすることで、ラインがわかりやすくなります。

この3つの方法があります。

しかし、ラウンド中に、じっくりこの3つの方法でラインを読んでいる余裕はないかもしれません。
そんなときは、傾斜の低い場所から読むことで、グリーンの微妙な傾斜やアンジュレーション(うねり)が、見えやすくなります。この時に、目線をなるべく低くして読むことを忘れないでくださいね。

bfi golf tour 2009 - 38   bfi golf tour 2009 – 38 / bfi Office Furniture

パッティングの曲がり具合の読み方

ここまでで、距離感と、ストレートライン、スライスライン、フックライン、上りのライン、下りのラインが読めるようになりました。では、スライスラインやフックラインで、どれぐらい曲がるのか?が疑問になってくると思います。

そんな時に目安になる分かりやすい方法があるので説明していきます。

まず、カップに対して、2メートルくらいの上りのストレートラインを見つけます。この時、カップめがけてパッティングしたのでは、上りに負けてボールは届きません。

上りの度合いによって、例えばカップの20センチ奥が目標地点というふうに目標地点を決めてパッティングしていくことになると思います。

この目標地点は、上りのストレートラインに対する目標地点ですが、

「グリーン上のすべての場所からの目標地点」

になるのです。

下りのラインは、カップより目標地点が手前になり、スライスラインやフックラインの場合は、その目標地点めがけて打つことカップに向かって曲がっていくというふうに曲がり幅が計算できるというわけです。

これを知っておくだけで、曲がり幅を計算するうえで十分な目安になります。

また、同伴者の方のパッティングをチェックすることも、距離感やラインを読む上で参考になるので、しっかり観察するようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?
パッティングにおいては、まず、距離感をしっかり合わせること、そして、ラインを正確に読んで、右手でそのラインに沿って転がすイメージでストロークしていきましょう。