左足一本のフィニッシュが自然と決まる体重移動で飛距離アップ

シェアする

スポンサーリンク
左足フィニッシュ

あなたは、プロのように、きれいに左足一本で立てるフィニッシュが取れていますか?

ナイスショットが打てた時は、しっかり左足に体重が乗ったキレイなフィニッシュが決まっているものです。
体重移動が正しく出来てバランスのとれたスイングができた証拠です。

無理に作ったフィニッシュではなく、自然とそこにおさまった感覚です。

フィニッシュが、左足一本で立てるということは、体重移動が正しく出来ているということです。

逆に体重移動が十分出来ていないと飛距離をだいぶん損している可能性が高いです。

左足一本でキレイに立てるフィニッシュというのは、正確な体重移動が出来たバランスの良いスイングの結果で、決して、無理に作るものではありません。

体重移動が正確にできると、ボールにしっかりと体重から生まれるパワーが伝わり、飛距離アップ、より遠くまで飛んで曲がらない球を打つことができます。

では、どうすればフィニッシュで、左足一本で立てる正しい体重移動ができるようになるのでしょう。

トップで左肩が右膝の上、右腰はアドレスの位置から動かない

左足フィニッシュ

あなたは、トップで左肩がどこまで回っていますか?一度チェックしてみてください。
トップで左肩が右膝の上に来るようにしてみてください。

体の硬い人は難しいかもしれませんが、そういうふうに意識してバックスイングしてみてください。
自然とトップで右脚側に体重がのり、しっかりと上半身が捻転しているの実感できると思います。

この捻転こそ飛距離を生み出す原動力なのです。

この時、右腰がアドレスの位置から動かないように注意してください。
右腰が動くと、右脚側に体重がのるのですが、十分な捻転力が得られず、左足に体重移動が出来にくくなり、結局右足に体重が残ったままになってしまいます。

右腰を固定した状態で、左腰がバックスイングに合わせて少し回転するイメージです。左腰もできるだけ踏ん張ったほうがより捻転力は得られやすいです。

切り返しは、左足親指に踏み込むと同時にグリップエンドをボールに突き刺す

トップからの切り返しでは、左足親指に体重を乗せていくイメージでグッと踏み込んでください。
それと同時にグリップエンドをボールに突き刺すイメージで真っ直ぐ振り下ろします。

きちんと出来れば、フォローで頭がシャフトに引っ張られるのが実感できると思います。

この時、注意して欲しいのが、

・頭や左腰がなるべく左側にスライドしないようにする

・手首が手の甲側に折れない

・ダウンスイングで背中を開かない

・スイング軸がブレない

・ヘッドアップしない

ことです。
これができれば、自然と大きなフォローになり、左足一本で立てるフィニッシュが決まるはずです。

是非一度実践してみてください。