【スイングの基本】ドライバーの打ち方と飛距離アップの方法

シェアする

スポンサーリンク
ドライバーのボールの位置

ドライバーの打ち方とスイングの基本

ティーの高さ

構えた(アドレス)時に、ドライバーのフェースと上のクラウンの部分との境目のつなぎ目の部分が、ちょうどボールの中心、赤道部分の高さになるようにします。
ボールの位置が低すぎたり、高すぎたりすると、チョロや天ぷらの原因になったり、ボールのスピン量が変わってしまうので、基本は、ボールがドライバーのヘッドより半分上に出るくらいにアドレスします。

ドライバーのボールの位置

ボールの位置とスタンス

ドライバーショットでのボールの位置は、左足かかと線上になるように構えます。

スタンス幅は、個人によって差があるのですが、両足の内側に肩幅が入るくらいの広さを目安にしてください。
両足に均等に体重を乗せてアドレスします。

アドレス~バックスイング

・普段通りのルーティーンで、後方から目標(ターゲット)を確認して、アドレスする
そうすることで、肩のライン、腰のライン、膝のラインがターゲット(目標)に対してスクエア(平行)になるようにアドレスできます。

・体の中心(重心)は、スタンスの真ん中で、両足に均等に体重を乗せてアドレスする
ボールは、左側にあるが、スタンスの中央を意識して、体(肩、腰、膝、スタンスのライン)が、ターゲットラインに対してスクエア(平行)になるように構えます。

肩の回転でバックスイングをスタートさせる
徐々に右足に体重が乗っていきます。この時、右腰がスライドしないように踏ん張ります。

グリップが右の腰を過ぎたあたりからコックを入れる
コックは左手の甲側に折れないように注意してください

左の肩があごの下にくるまで肩を回転させる
これがトップの位置です。

・体の左腰からの始動で、下半身からダウンスイングを始める
上半身は、下半身にリードされながらダウンスイングしていきます。

インパクト

ドライバーの場合、インパクトで、クラブヘッドが、ボールに対して、少しアッパーブローに当たります。
ダウンスイングから降りてきて、ほとんどスタンスの中央で最下点を迎えるのですが、そこから、クラブヘッドが少し上がりかけた状態でティーアップされたボールを捉えるイメージです。

フォロースルー

右肩が目標方向に向くまで大きくフォロースルーし、左足に体重が乗ったフィニッシュを迎える。

ドライバーショットのアドレスの注意点

ドライバーショットの構え方の注意点は、アイアンショットの時に比べてボールが左足かかと線上にあるので、どうしても目が左側に有るボールを見てしまいます。
そのため、腰とか胸のラインもボールを向いてしまい、肩のラインがターゲットに対して開いてしまいます。

そうすると、バックスイングで肩が深く回転できず、浅いところから振るため、胸が開いた状態でインパクトを迎えることになるので、ボールをこする打ち方になってしまい、方向性が狂い、飛距離が出ないショットになりやすくなります。

左足かかと線上にボールがあっても、体の中心(重心)は、スタンスの真ん中になります。ボールは、ただ左にあるだけなので、スタンスの中央を意識して、体が、ターゲットラインに対して直角(正面)を向くように構えます。

そうすることで、肩のライン、腰のライン、膝のラインがターゲット(目標)に対してスクエア(平行)になるようにアドレスできます。

ドライバーのアドレスは、ボールが左側にあるので、上半身も左よりに少し突っ込んだような構えになってしまいがちですが、バックスイングで体がのけぞってしまったり(正面から見た時に「く」の字になっている状態、腰が右側にスライドしている状態)、肩の入りが浅くなりやすくなります。

なので、スタンスの中央に体のラインがくるように構え、その線より左肩が深く回転するようにバックスイングします。

左よりにあるボールに対して肩が入っても、肩の回転が浅い人が多いので、中央のラインまでしっかり肩が入るように意識してみてください。
しっかり肩を回転させてスイングすることが、ドライバーショットの飛距離アップには欠かせません。

ドライバーショット 曲げずに飛距離アップする方法

上半身の力を抜く

今は、クラブが進化しているので、クラブの性能を信じて、あまり頑張らないようにしてください。

飛ばそうと頑張りすぎるほど、力が入ってしまい、トップやダウンスイングで体が左側に突っ込んでしまいやすくなります。左に突っ込むと、

・ボールが上がりにくくなる
・ヘッドが鋭角に入って天ぷらになる

というミスが起こりやすくなります。体重移動しなければと力んで突っ込んだり、ひどい人だとトップに行くまでにすでに左に突っ込んでしまっている、これでは、良い形でインパクトを迎えることは難しいです。

逆に、飛ばしたいと思うときほど、上半身の力を抜きます。上半身が、クラブに振られてしまうくらいのイメージでスイングします。

このとき、正しいインパクトの形を意識してください。正しいインパクトさえ出来ていれば、クラブが進化しているので、あとはクラブが勝手にボールを飛ばしてくれます。
なので、正しいインパクトを作ることに専念してください。

正しいインパクトの形とは

普通にアドレスた時に、ボール力を加えて、グッと力強く押す形を作ってみてください。
その時に、あなた自身が、ボールより左に言ってしまうと、引っ張ったり、救ったりするイメージになり、ボールを力強く押すことはできません。絶対に、あなた自身がボールより左に行かないで、ボールの右側に居るようにします。

ボールの後方からボールを押す

この形ができると、正しく力が伝わったインパクトができます。
そして、ボールの後ろ側でグルッと回転して、そのまま回転し続けると、勝手に右足が上がると思います。

この右足が上がった状態が、体重移動が正確に出来ている形です。ボールの後ろでインパクトして、そのまま回転していけば、勝手に体重移動が出来て、飛距離アップに欠かすことのできない大きなスイングアークが描けている状態になります。

ヘッドスピードを上げようと思って、力むのではなく、ボールの後方からターゲットに向かって押す形を目指して練習していきましょう。

これが、飛距離アップに特化したスイングにつながります。