寄せワンを狙う!グリーンエッジからのアプローチショットのアドレスと打ち方の基本

シェアする

スポンサーリンク
アプローチショット

コースでスコアメイクするためには、グリーン周りでバタバタしないことが大切です。
せっかくグリーンの近くまで来たのにグリーンを行ったり来たり・・・。
まとまるスコアもまとまらないですよね。

グリーンを外しても、グリーンエッジからきっちりワンパット圏内に寄せることができればスコアはまとまります。
少しくらいグリーンを外しても寄せワン(寄せてワンパット)でホールアウトできれば、グリーンオンして2パットでホールアウトしたのと同じスコアであがることができます。

また、グリーン周りからのアプローチショットに自身が持てれば、グリーンを狙うショットでも、気持ちに余裕をもってショットすることができるのではないでしょうか。

アプローチショットで大切なことは、トップやダフリが無く、きちんとボールを芯でとらえることです。

今回は、グリーン周りでバタバタしないために、基本的なアプローチショットの構え方(アドレスの仕方)、打ち方などについてご紹介します。

アプローチショットのアドレス(構え方)の基本

アプローチショット

アプリローチショットでまず重要なことは、トップやダフリのない、しっかりと芯で捉えることができるように構える、アドレスすることです。

スタンスの幅は狭めに

アプローチショットのスタンス幅は、余分な体重移動をしにくくするために狭めにとります。
アプローチショットで余分な体重移動をすると、ダフリやトップの原因になるばかりか距離感も合いにくくなってしまいます。
また、スタンス幅が広いと上半身の動きが大きくなりやすく芯を外しやすくなってしまいます。
拳がひとつ入るくらいスタンス幅でアドレスするようにしましょう。

ボールの位置はスタンスの真ん中かボール1個分くらい右

基本的にボールはスタンスの真ん中かボール1個分くらい右に置きます。
そうすることで、ダグリを予防することができ、ボールをクリーンに打つことができます。

ちなみに、低い球で転がして寄せたい場合はさらに右側に置きます。
ボールを上げてキャリーで寄せる場合は左足寄りにセットします。

1ピン程度オープンにスタンスする

スタンスは、つま先を左に開いてオープンスタンスにアドレスします。距離の短いアプローチショットほどオープンスタンスになり、距離が長くなるほどターゲットに対してスクエア(平行)にスタンスします。

目安として、1ピン程度オープンに構えるというような基準を持つと、自然と短いアプローチほどオープンスタンスの度合いが大きくなり、距離が長くなるほどスクエアにスタンスすることができます。

体重は左足80%

アプローチショットはコンパクトなスイングなので体重移動は必要ありません。
体重移動するとスイングがブレやすく、トップやダフリの原因になります。
そのため、距離の短いアプローチショットでは、余分な体重移動をしにくいように最初から体重は、左足に80%くらい(左利きの人の場合は右足)かけておき、スイング中に体重移動しないようにします。。

軽いハンドファーストでアドレス

アプローチショットでは、ボールの高さ、スピン量を一定にするために、軽くハンドファーストにアドレスします。

グリップエンドを左足太ももの付け根の真ん中、左腕とシャフトが一直線になるようにアドレスします。

グリップがボールよりもかなりターゲット方向に向くイメージです。
ただし、ハンドファーストにしすぎると、リーディングエッジが地面に刺さって抜けにくくなりザックリになりやすいのでハンドファーストになり過ぎるのはNGです。

グリップの位置は短め、グリップの真ん中あたりかもう少し短めになるように握ります

それでも、どうしてもダフリやトップが出てしまうという人は、右手がシャフトにかからないくらい思いっきり短く持ってみてください。
より、クラブをコントロールしやすくなります。

アプローチショットのスイング(打ち方)のポイント

アプリーチショット

重心を保つ・体重移動しない

足の裏、親指の付け根の母指球にかかる体重を意識して、重心がアドレスからフィニッシュまで左右に変化しないようにスイングします。
重心が左右で変化するということは体重移動してしまっているということです。グリーン周りからのアプローチショットでは体重移動しないことが重要です。

ひざの高さ・角度を変えない

体重移動してはいけないというと下半身を止めて打とうとする人がいますが、下半身を固定し過ぎると手打ちになってしまい、スイングのバランスが崩れてしまい、ダフリやトップなどのミスにつながります。
アプローチショットでの下半身の動きは、ひざの高さを変えずに、
アドレス時の重心(左足8:右足2)を保ったままスイングすることが重要です。

アドレスからフィニッシュまで頭・腰の高さは一定

スイング中に、伸び上がったり、突っ込んだりするのはNGです。アドレスからフィニッシュまで、頭・腰・ひざの高さを変えないようにスイングしましょう。

手首を返さない・右手首の角度を死守する

ハンドファーストにアドレスした状態のまま、フィニッシュまで手首のを返さずに手首の角度を固定してスイングします。
右手首の角度をキープした状態でボールをターゲット方向に押し出すイメージです。そうすることで左手首の角度も自然とキープすることができます。
アドレスからフォロースルーまでハンドファーストの状態を崩さずに、常にグリップがヘッドよりも先行します。
ハンドファーストに構えた手首の角度を変えずにスイングすることで、ボールを芯で捉えることができ、ダフリやトップしにくくなります。また、距離感も合いやすくなります。

ソールを滑らせるように打つ

ボールをクリーンに打ちたいために、ハンドファーストにしすぎたり、ボールを右足寄りに置きすぎる人がいますが、このようにすると、ボールに対してクラブヘッドが鋭角に入り過ぎてしまいます。
その結果、クラブヘッドが地面と接するときに、リーディングエッジ(クラブの刃の部分)が最初に地面に刺さりやすく、うまく抜けずにザックリになってっしまいます。

ボールは両足の中央か少しだけ右側、軽いハンドファーストで、ソールを滑らすイメージでスイングすることが重要です。
ボールの前にもう1球ボールがあると想像して、2球同時に打つようなイメージで打つとソールを滑らすように打つことができます。

グリップは軽めに一定の強さで握る

グリップは、アドレスからフィニッシュまで同じ強さで握ります。インパクトで力んだりするのはNGです。
握る強さは、一定で50%くらいの力でグリップするようにしましょう。

しっかり脇を締めてスイングする

アプローチショットは、両肩とグリップを結ぶ三角形をキープした状態でスイングすることがポイントです。そうすることで手打ちになることを防ぐことができます。

そのためには、アドレスからフォローまで、両脇がしっかりとしまっていることが重要です。
両脇がしっかりとしまっていると、身体と腕と手の動きが一体となったスイングができ、手打ちを防ぐことができます。

参考 : 絶対にマスターしておくべき、アプローチショットの打ち方とアドレス(構え方)のコツ!